あんまいみないし

あんま意味ないし

マンガ家は売れれば儲かる(そりゃそうだ)

記事すら貼りたくない胸の悪い話

 

マンガ家は儲かるよ、新人は夢を見よう!という

マンガ家のインタビューを読んだ

 

少し、ではない

かなり論点のずれたおかしな話だと思う

それは

「売れれば儲ける」は当たり前で、誰だって分かっている

別に漫画業界に限ったことではないでしょう

そうじゃなくて、

若手や新人が悩んでいる根本的な原因、

今漫画家の収入関係で若手が悩んでいるポイントは

「漫画原稿料が一枚1万円未満じゃ食べていけない」

って話じゃないのかと思うのだ

以前の記事で詳しく具体的な金額まで書いたけど、

原稿料だけだと、漫画家の収入はほぼゼロだ

原稿料だって1万円ももらえるところは少ない

ウェブ連載なら半額くらいかもしれない

 

新人や志望者はみんな分かっている

売れればお金持ち、なんて分かっている

当たり前じゃん

そこじゃなくて

「労力に対しての単価が安すぎる」

「単行本が売れれば儲ける、というが、

売れないと「無料奉仕状態」ならば

それは「仕事」と言えるのか?」

「あくまで印税はプラスアルファの収入であるべきで、

原稿料だけでも食べていけるようにならないと安心できない」

と言う人が多いんじゃないですかね

 

そして、多分こういう記事にはいつも

「売れないのが悪い」

という自己責任論が返ってきますよね

あれを見ると胸が痛い…

 

雑誌に掲載された労働の対価すら稼げない状況まで

作家のせいにしてほしくないなと思うんです…

せめて、末端の漫画家だって安心して食べていけるくらいの収入があったっていいじゃない?って思うんですよ…

一応、末端の漫画家と言っても、あまたの投稿作の中から編集に選ばれて、山のように没ネームを書きまくって、それでも読み切りを描いて、更に幾人ものライバルを蹴落として連載権を獲得したんですよ…

そこまで努力を続けてきた人なんだから、せめて人並みの収入を望んでもいいじゃない…ダメなのか…?

雑誌に掲載された時点で人並みの収入くらいは出版社に貢献できてると思うんだけど更に何万部とか売らないと収入を期待してはいけない世界なのか…?

 

「この世から(結果的に)売れない作品が消えてしまったら

雑誌の作品数は2割以下になってしまい、つぶれてしまうだろう

そうなると困るのは編集と売れている作家ではないのか?」

とも思うのだが、それはどうなんだろう

売れないものも載せないと雑誌足りえないのではないのだろうか

売れている作品だけが載った雑誌なんて見たことがない

てゆーかそんなん読みたい?

いろんな可能性を含めた、いろんな要素を持った作品が載っていて、

売れる王道作品も読めるし、

王道じゃなくて売れないかもしれないけど自分にはグッとくる作品も読める

ベテランの作品も荒削りの新人の作品も並んで載っている

だから雑誌って面白いんじゃないの?

だから雑誌を買う意味ってあるんじゃないの?

そうすると、どんな作品も、雑誌に載せる作品作りを編集から「依頼」された時点で、「雑誌を作り上げる、雑誌を賑わせる」という「仕事」はこなしていると言えるんじゃないだろうか。

それに見合う報酬は、単行本とは別にあってもいいんじゃない?

そうであってほしい

「漫画業界は

一握りの売れている作家は儲かってるよ!

だから夢があるでしょ」

て言われるより

「雑誌に掲載されるくらいの実力があれば、

普通に食べていけるよ

だから夢を持ち続けられるよ」

ていわれる方が夢がある感じがしない???

↑ここを言いたかった

1作目が失敗しても、それを糧にして2作目はより面白い作品を作り上げられる人もいるでしょう。

でも、現状1作目を失敗したら、2作目まで続けられる貯金も余裕もなくなってしまって漫画家を諦めざるを得ない人が多い気がするんです。

 

普通に食べていける業界だったらいいよね

まあそうなりそうもないから辞めるか…ってことあるごとに悩むんですけど

マンガの文法とかルールとか うるせ~~~知らね~~~って思ったという話

タイトル結構長いの付けられるのね

 

ちょっと余談から…

どうしても机に向かう気力がない

これはやばい

でもなあ

好きなことやってて自分でニートしてて鬱ってそれどんな…

世間からすると一番知ったことじゃねーよめんどくさいな案件だよな

自分でもそう思うもん

鬱らないためにももう少し考えをまとめるか

とりあえず机に向かおう、これを書く

 

振り返ってみると、会社でふつーにサラリーマンしてたときが

一番精神が安定していた

経済的に安定して、実家を出られて親と距離を置いた生活ができた

(余談だが家庭は機能不全だった。今は両親は離婚している)

会社は忙しかったけれど、どブラックと言うほどではなかった

さすがに自分のマンガを描くほどの時間を作ることはできなかったけれど

家に帰ったらアニメチェックして

グッズ買ったりコンサートに行くこともできた

なんという素敵ライフ……………

それでもそれを全部捨てて漫画描きたいって思うって

自分が怖い キチ××かな?

 

さて、タイトルを書いた時の気持ちに戻ろう

先々週位、ツイッターでは某ウェブ漫画の話が盛り上がっていた

オフラインでも、同業者と会うと、そのウェブ漫画の話題が上がることが多かった

実はこう見えて(?)自分は外部との付き合いはとても良い方なので

同業者やそれに近い人とオフラインでお話しする機会は多い方だと思う

その漫画は、商業編集部を通した作品ではなくて、

だれでも投稿ができるサイトに掲載されたものだった

自分は半年くらい前から知っていてとても好きだったから嬉しかった

(ちなみに自分は某漫画アプリで知ったのだが、

 ブレイクされたときに紹介されたのが某漫画サイトだったので

 検索するとまるでその漫画サイトでしか載っていないような扱いになっている

 これも面白い現象だなと思った。拡散された情報のみが強いのだ)

 

「でもさ、漫画としては微妙だよね」

と同業者は言った

そう

そうなのだ

自分たち漫画家、ひいては自分が学ばせてもらった漫画家の先生、編集者が

ツイッター発の漫画や、投稿サイトで受けた漫画に割と言う

「WEBで受けてるけどね、漫画としては成り立ってないよね」

そう

そうなのだ

普通に投稿して普通にアシスタントして普通に編集さんとやり取りしていると

基本的なこととして学ばされることがたくさんある

マンガの文法とかルール。それに関する本もたくさん出てるよね

「視点(語り手)の統一」「視線の誘導」「大衆化」

「読者に感情移入させるには」「流行りの絵柄」などなど…

そんなのを数値化して評価するのが何とか漫画賞であり

そんなのを研ぎ澄まして漫画家に言い聞かせてヒットさせようとするのが編集部である

確かに、自分のその価値観に置いてみれば

その漫画は盛り上がるまでが長い

多分編集者なら「このエピソードとこのエピソードは削りましょう」と

言うだろうな(そして自分でもおそらくそうするだろうな)と思うところがある

絵柄も流行りとは言えない 可愛いヒロインも出ない

対象の読者が大人なのか子供なのかも分からない

どこか商業誌が受け入れたかというと自分にはそうは思えない

実際そういう話がなかったから、1年半も投稿サイトで続けてきたのかなとも思う

 

でももうそれがとてつもなく魅力的なのだ

自由度の高さが、なんだか本当に未知の世界を冒険している気にさせてくれるのだ

面白いと思ってしまった人の心の前に

他者からの評価や「漫画として~」って言葉はもう意味がない

うるせ~~~~~ 知らね~~~~~

FINAL FANT ASY

である

編集部を通した漫画より面白かったんだから仕方ない

そもそも他人にちゃんと物語が伝わっている時点で、

マンガとしての役割は果たせてると言えるのではないかと

 

マンガとして評価するなら…って口上があまり好きではないのは

 

自分たちで作ったルールや、ヒットしないといけないという責務の念から、

想定する読者像や、作品像が偏りすぎているのではないかな、と思うからだ

ついでに、少女漫画、とか少年漫画とかってくくりも好きではない

この時代にジェンダーや年齢で区分けしようというのはナンセンスだよね

 

私が読みたいものはマンガじゃない

胸をわくわくさせてくれる物語なのだ

 

でもまあ、話題になったもの、売れるものが最終的に強いのもわかってる

だからその作品にも売れてほしいな~って思ってる

ツイッターやSNSがある今の時代

プロだとかアマチュアだとか

そんなこと関係なく「面白い」で話題になる時代は素晴らしい

話題になったもの勝ちだ

 

 

自分も、こんなとこでグダグダ吠えてないで、

たくさんの人に読んでもらえるものを描かないといけない

まだ、漫画家としてそれをするのか、趣味としてするのか、決めかねているけど

誰にも見てもらえなかったけどいい作品だった、とだけは言いたくないな

漫画家の収入の話②

前回のブログ、アクセス数1だった

ちょっとほっとしたけど

さびしーなとも思った

勝手だな

というわけでツイアカつくったンゴ

 

前回のブログを見直してはっとしたけど

そうだこれ

準備期間入ってないじゃん

準備期間その① ネームをひたすら描いて連載会議に出す(これも長くて辛い)

準備期間その② 連載会議に通ったら、

        連載開始までに設定や先の展開を考えたりネームを書き溜めたりする

①も無休だし先の展望も見えないしで辛いんだけど

今回は②の話ね。ほぼ準備期間を取らない人もいるそうですが、

大体は三か月~半年、準備期間をとると思います。

無給です。

つまり原稿料ってこの準備期間も含まれると考えると

すっっっっごいすっっっっごいすっっっっごいすっっっっごいすっっっっごい

安くないか…?

前回の記事で

1年の手取り126万8千円ですって書いたけど

半年の準備期間も含めて、その間の保険料考えると

1268千円から健康保険12千円×6カ月と、国民年金16千円×6か月払って

1年半で収入が110万円です

計算して改めて思ったけど死にたくなる額だなこれ…

こういうことを言うと、たまにツイッターでも見かけるんですけど

「そんなことない!ヒットすれば儲かる(収入額貼り)」

「もっと夢を見ないと!」

みたいな感じの漫画家さんが出てくるのですが、

そうじゃなくて…って思うんです。

そうじゃなくて、

ふつーに働いた分の対価としておかしいって話なだけで

ヒット作の漫画家さんが

一攫千金したハイパーメディアクリエイター的な存在?

絶え間ない努力と磨いてきた才能でのし上がった社長的な存在?として

連載をしている作家さんが平社員的な存在として考えたら分かるじゃん

仕組みとしておかしいって話の気がする

 

マンガの原稿料って、相場として1枚1万円なら高い方だと思う

でもそれじゃあ現代の緻密な画面作りの労力代と、機材代でトントン

貯蓄など出来ない

何より単行本が売れない時代においては、対価としては安すぎる

単行本すら出してもらえないところも多いのだから

 

どうしたらいいんだろう

どうしたらいいのかな~と思うと

辞めるのが一番楽じゃんってとこにしか行きつかなくてつらい

漫画家諦めようかなというような 漫画家の収入の話①

別に誰かに向かって書くわけじゃないです

表のブログに残したくないことを綴っていきます

続くかはわかりません

自分の考えを整理できたらいいなくらいの気持ちで開設しました

なので↓↓↓ここ↓↓↓を納得して読んでほしいのですが

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

誰かと議論したいわけでも、

業界に一石を投じたいわけでもなくて、

自分のことを書くだけなのでご意見は不要です

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

自分は以前ウェブで漫画の連載をもっていました

人気が出なかったので打ち切られました

単行本も全然売れませんでした

部数も少なく、宣伝費はゼロでした

自分の住む町の本屋を5軒回りましたが、

一番大きい本屋に一冊、平置きではなくて棚に差してあるだけでした

あれは悲しかった…

多分これじゃ身バレにはつながらないでしょう

そういう人、今たくさんいるんじゃないかなと思うので

 

でも編集者に恨みとかはないです

というか、できる範囲で良くしてもらえたという気持ちがの方が大きいので愚痴は本当にないです

(出版社の体制には不満がありますが、それは自分がどうこうできる範囲を超えているのであまり触れたくありません)

 

次の連載に向けての作業を続けています

けどどうしても気が乗りません

それで今こうしてブログに向かっているわけです

なんで気が乗らないんだろう

漫画を書くのは好きで、楽しいのに

次はいけます、面白いですとほめてもらえているのに

 

・商業連載のメリットって何だろう

→メリット①原稿料

身バレしたくないので、自分の額はぼかしますが、

ウェブ・アプリ連載は1枚5~8千円のところが多いです

それに、背景・トーンアシスタントが必要なので、

相応の経費が掛かります

もちろん自分一人で仕上げれば、経費は0なのですが、

ウェブ連載であっても単行本のクオリティを求められるし

それなのに週刊or隔週連載と漫画雑誌以上のボリュームを求められる為

自分はアシスタントにお願いする必要がありました

なので、例えば

原稿料 7千円×20枚×月2回連載=280千円

源泉徴収を引くと、252千円

経費 アシスタント日額10千円×2人×4日×月2回=160千円

で、月額収入92千円

これくらいです 月収9万2千円です

よくツイッターなどで

「原稿料はアシスタント代で消える」と言われますが

大げさではなくてその通りだと思います

自分は会社員も短い期間ですが経験しました。

その頃と比べると、働く時間は2倍になって、収入は3分の1になりました

だって自営業だから、

上の収入から、健康保険料や年金も払わないといけないんですよ…

取材旅行やパソコン周辺機器の買い替えがあるときは

マイナスになるときもありました

あと、単行本作業にかかわる作業はすべて無償でした

なので収入の少なさで心が何度か死にました

 

頼みの綱であるはずの単行本収入ですが、

新人の初版発行部数は年々少なくなっています

というかそもそもウェブ連載だと単行本確約されているところは少なくて、相当な人気が出ないと単行本が出なかったりするところも多いです

出してもらえたとして

500円(単行本価格)の印税10%で初版5千部だとすると25万円です

たとえ1万部(新人だとあまり聞きませんが)でも50万です

5千部で年に二冊出たとして

92千円×12か月+250千円×2回=年収1604千円

健康保険12千円×12カ月と、国民年金16千円×12か月払ったら

年の手取りは1268千円 126万8千円です

 

→メリット②たくさんの人に見てもらえる

これは本当にそうです

ただ、連載作品の人気順とコミックスの売れ行き順は、驚くほど比例していませんでした

(このソースも先日詳しく調べたのですが、今日ちょっと疲れちゃったんで、気が向いたらまた後日触れたい)

周知のことかとは思いますが、連載サイト上で人気があるかどうかではなく、ツイッターで話題になった方作品の方が強いのです

 

固定ファンを持っているベテラン作家や、編集長一押しで相当な宣伝費を出してもらえる天才新人作家でない限りは、単行本が出るまでのどこかのタイミングで「話題になる」という壁を乗り越える必要があるんだろうなあと最近ことあるごとに思います

マンガの賞にノミネートされるにも、ある程度土台がいるしね

だから「ツイッターで宣伝してほしい」と依頼があっても快く受け入れられます

でも編集側に「バズらないかな~有名人が宣伝してくれたらいいのに」と言われると確実に心が死にます

自分は死にました 悔しくて眠れませんでした

気持ちは超絶分かるし、同じこと思うから立ち直るけどね

 

やっぱりちょっと思っちゃうよね

絶対に思っちゃいけないのに思ってしまう

プロアマ問わず、連載前か連載中か関わらず、ツイッターの話題に乗ることが作家にとっての最優先の課題であるならば、自分の作品を商業に載せる必要性やメリットってあるんだろうか?会議に向けてネームを延々と描く作業ってなんなんだろうか?って…

 

面白い作品を描いて、そしたら、

連載を始めてすぐに自然と人気が出て、口コミで広がって、

ポスターとか試し読み冊子とかといっしょに1巻を出してもらえて、

1巻を出した初週で重版が掛かるほど売れて、

年収だって普通に安心できるほどになる…

それを信じてずっとやってきたし、それを信じてやっていきたい

 

でも少し前に自分の心が死んでしまいそうになっているのに気付いた

それは自己責任論で自分で自分の心を何度も刺してきたから

売れないのは自分の実力が足りないから

華があれば、画力を上げれば、話を練れば、

でも自分は面白いと思って大好きだと思って

誰かとつながりたいと思ってできることはやって

精神も体力も一年で使い切ってしまったのに

何をすべきだったかと考えることだけはやめられなくて

自分以外の誰も責められないから頭がぐちゃぐちゃで

でもこれらを外には吐き出せない SNSなんてもってのほか

外に吐き出したら今度は第三者からも刺されてしまう

ずっとそう思って怖いから黙っていた

 

でも今日、裏アカ作ってブログに書いてみようかなあとふと思った

天気が悪かったのもある 朝から雨で

もし誰かに刺されても、もうこれ以上心が死ねない気がした

それで

むしろ誰かに思いっきり罵倒されてもいいかもしれない

それはいいかもしれない ドキドキした

はたまたいっそ自分で、自分の言葉と文字で、

生まれ変われるほどめちゃくちゃに自分の心を殺してしまいたい

そしたら心機一転みたいな気分になれるかもしれない

それもいい

そういう気持ちではてなブログを開設しました

 

なーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんにも

まとまってなくてごめんなさい!!!!!!!!!!!!!!!!

ビタミン飲んで寝る